人生一番のピンチ

私は現在29歳の男性会社員せす。これは今から一年前の話になります。今まで生きてきた人生のなかで、あれほど「金がほしい・・・」と思った事はありません。

私は大阪に住んでいます。仕事の都合で東京の支社に出張にいくことがあります。今回の出来事も東京へ出張に行ったときの話しです。東京の支社の会社の土台を確認するために東京へ出張に行きました。私が勤めている会社は東海地方に店舗を置いている会社になり、大阪の環境と東京の環境と現在ではどういう違いがあるのか、肉眼で確認をして、大阪の勤務体制を見直すための出張でした。わが社では出張時には基本的に複数人で出張するのが普通です。単身で出張にいったときに、何かトラブルがあったときなどに対応させるためです。

しかし、同僚たちは自分が担当をしている仕事が忙しく、動けるのは私だけで、特例で単身で東京へむかわせてもらいました。そこで東京の支社を一日中見学をさせていただき、東京の管理職の方と酒の場で懇親会を行いました。会計などは向こうがもってもらえるようでしたが、申し訳ないと思い、私も財布を取り出したのですが、断られました。その場で現地解散となり、私も明日も仕事があるので、寄り道をせずに、東京~新大阪までの新幹線で帰ろうとしたのです。

そのときに改札をくぐろうとして、定期を財布から取り出そうとしたのですが、財布が見当たりませんでした。財布を自分がどこかで落としてしまったのです。本当に体に電流が走るくらいにびっくりしてしまい、血眼になり、財布を捜しました。懇親会をしたお店までは財布を持っていたので、店においてきたのではないかと思い、Uターンをして、店の店員さんに聞きましたが、ありませんでした。店に行くまでの道中もしっかりと財布が落ちていないか確認しながら移動をしたのですが、見つかりません。交番などにも足を運んでみましたが、届いていないようでした。新幹線の切符なども財布にいれていたので、大阪にも帰ることができずにいて、絶望をしてしまいました。会社や家族に連絡をいれても、大阪から東京までこれる距離ではありません。

大阪支社の上司に連絡を入れて、東京の管理職の方に上司から連絡を入れて、もう一度落ち合うことにしたのです。東京の支社からお金を借りる形で、切符を頂き、それで何とか大阪まで帰えることができました。このときばかりはほんとうにお金がほしいと自分は思ってしまいました。

通った病院での印象

私は難病を患ってしまい1年以上の期間通院や入院をしました。

そのため、定職に就くことができず、ずっとアルバイトで生活というか、実家暮らしなのだけれども、少しでも社会に出ていたかったのでアルバイトはしていました。病気を患っているのでなかなかと雇ってもらえたり、理解をしてもらえるっていうのがなくてアルバイトを始めるのは大変だったのですが、今働いているドラッグストアはとてもいい人ばかりで私が体調悪くて急に休むことになってもこころよくOKしてくれます。とてもありがたいです(>_<)※ドラッグストアでアルバイトをする

通院や入院をしているその時に感じた看護師さんの印象ですが、まず週1回の通院では注射をしていたのですがその時にも看護師さんによって対応が違いました。

ある人は流れ作業で注射だけする、ある人は「痛いですか?」とか気を使って会話をしてくる人といました。注射をされる側としては少なからず痛いので気を紛らわせるくらいの会話はありがたかったです。さすがに感じの悪い人はいませんでしたが些細なことですが必要な事だと思います。
入院した時の印象ですがまず基本的に中年以上の看護師さんのほうが患者さんへの気遣いが出来ているのではないかと思いました。

朝も早くから採血などありましたが若い人はさっさと採血だけして部屋を出ていくのですがベテランの看護師さんは会話が一言、二言あったりと基本的に入院中は話すことが少ないので気分転換になり病気も治りやすい感じがします。

あと若い看護師さんは人にもよるのですがさっぱりしてるというかあまり会話もなく仕事をただこなしているという印象を持ちました。人を扱う仕事なのでもっと笑顔で愛想よく接してくれてもいいと思いました。忙しいというのも理由にはあるとは思いますがもっと余裕をもって欲しかったです。

 

一人暮らしをしているときお金に困りました

私はお金に困ったことがあります。それは一人暮らしをしていた時でした。どうしても欲しい物があり、それを買うためにお金を使い果たしてしまいました。欲しいものとはおもちゃであったりゲームソフトであったり、洋服であったりと様々です。ここでは、お金が無くなったときのことを中心に語りたいので、何を買ったかは不問とします。

さて無駄遣いをしすぎてお金が無くなってしまったわけです。お金がなくても我慢すればなんとかなると思ったのですが、甘かったです。1日に300円くらいしか食費に使えないので、牛丼を1杯食べたらもうおしまいですね。これはやばいと思いました。栄養失調になるかと思いました。毎日美味しいものを食べることを思い描いて生きていました。それでも生活費が足りなくて光熱費の引き落としが間に合わないときは学生でバイトをしていたら借りれる消費者金融でお金を借りて生活をしたこともありましたね(>_<)バイト代が入るのが月末。。。光熱費の引き落としが28日。数百円しか手元にないと支払なんてできませんでした。バイト代が入るとすぐに返済をしてどうにか悪循環に陥らないように気を付けていました。

そうしているうちに親から仕送りを貰うことができました。その時にはすぐに近場のスーパーマーケットで美味しいものを買って食べました。揚げ物とかお刺身とかジュースとかいろいろです。とっても美味しかったです。もう二度と無駄遣いはしないように心に決めました。一度消費者金融というところでお金を借りてしまった経験をしたからこそ心に決めることができましたね。

お金を使うことは楽しいことですが、やはり食べ物を買うことが第一だと思いました。そう思ったら、今は毎日美味しいものが食べられるので幸せですね。

給料をカットされてしまった。

30代OLです。夫と1歳の息子と3人暮らしです。 夫婦共働きでようやっとの生活なので、暮らし向きは至って質素。 レジャーに行くこともほとんどありません。 子どもが産まれてからは 最低限の貯金もできるかできないか、といった状態。

にもかかわらず、この度会社の景気が悪く 私のカットが3割もカットされてしまいました。 ありえない!と思ったんですが リストラされている人もいるので それよりはまだましなのかも。

今でもカツカツなのに、3割カットということで どうやって生活していこうかと頭を抱えています。 さすがに子育てしながら働いているので 昼の仕事の後、夜も仕事をするわけにはいかず…。

家賃の安い家に引っ越すことも考えましたが 引っ越し代が出せないので、あきらめました。 今は日々の食事代、電気代をけずることを実践しています。

これから子どもが食べ盛りになっていくから 食費がどんどんかかるようになりますよね。 本当にどうしよう。

困ってしまうからといっても子供にご飯を食べさせないわけにもいきませんしね。もうすぐ千五行主婦になるので、専業主婦でも融資を受けられるっていうところがいくつかあるようだから、そういうところを利用してやっていこうかなとは思っています。

起業仲間との話

起業仲間と先日久しぶりに飲むことになりました。みんな忙しいので、そんなに頻繁には飲みに行ったりすることができませんので、久しぶりの楽しみです。起業仲間でないと話せないことっていうのが多いですもんね。

そこで、今回一番話題となったのが、借り入れに関することですね。やはり起業して会社を運営していくには自己資金だけでは厳しいので、みんな借り入れを利用しているようでした。もちろん私も借り入れして会社を回している状態です。

この借入ってかなりプレッシャーになるんですよね。まだ起業して間もないですから、次々に入金があるというわけではないですから、入金が少ないときなどは支払いできるのか?っていう不安が付きまといます。

いつまでこの不安というかやりくりが続くのかな?っていうのが、企業仲間との飲み会で1番の話題となりましたね。

みんなそのうちに頑張っていい会社にして、お金の不安をなくしたいって入っていましたが、なかなかそう簡単になくならないというか、会社を経営する以上、ずっと付きまとうことなのかもしれませんよね。

お金は会社にとって言えば、血液みたいなものって言ったりしますよね。ずっと流れていないと、駄目になるっていうことですね。

まあ、いい感じで回りながら流れて行ってくれればいいかなとは思います。なんせ、入金が増えるようにまずは営業を頑張らないといけないですね。

起業して良かった。

私は2年ほど前にサラリーマンを辞め、ネット関係の仕事で起業する事が出来ました。

まだ小さい会社で、従業員も2人だけなんですが、売り上げも徐々に増えていっています。

最初は不安だらけだったんですが、あの時思い切って今の道に進んで良かったと思っています。

半年に一度ほど、起業家との交流会にも参加し、いろいろ今後の為に、情報収集するように頑張っています!!